ボーナスが出ない方のモチベーション

スポンサードリンク

 

ボーナスが出ない方のモチベーション

ボーナスが待ち遠しくなる時期に
なってきました。
いつもボーナス小遣いを楽しみに。
でもボーナスがでなくなる可能性だって
あるはずで、
そんなときは、
どんなモチベーション状況になるのか
想像もつかない。

今年はボーナスカットともなれば、
もはや仕事をやめたくなる?
副業でなんとかっていう
気持ちも湧いてくるでしょう。

毎日残業続きで、
昇給も見込めない。
嫁さんからも、
子供からも
愛想つきちゃう?

名前ばかりの「正社員」っていう
肩書もなんだか虚しく
かんじてしまうかもしれない。

賞与を貰えるだけありがたいかもしれません。
気持ちの切り替えも大変かもしれません。
夏・冬ともに、
ボーナスカットって時代に
いよいよ突入した感がありますが
ここは心を冷静にし、
違法性があるのかどうかも
今一度、就業規則や、
労働基準なども見直してみてもいいかもしれない。

残業禁止とまでなってくるとなると、
もはや大変な思いになってくるかもしれない。
地獄中の地獄を体感しておくと、
毎月のお給料を寸志ででも
いただければありがたい気持ちになるんでしょうが。

お金というのはなくなってから、
ありがたさがわかってくる。
お金がなくなった時にその価値を理解
できることは今まで経験してこなかったか

ボーナスが入る、
臨時収入が入る、
宝くじにあたる、
競馬で一山あてた・・・などなど
そんなときはいわゆる、
神様があなたに試練を与えて
様子をみているのかもしれない。

今までお金がなかったときのことを
考えていると、
浪費している姿を思い出し、
踏みとどまり
本当にそれはお金の対価として
適正なものか
お金の価値を十分に考えることが
できるかどうか考えていくんだろう。

いわば今与えられた
お仕事に一生懸命に着手できる
この環境があるだけで感謝すべき
ことではないか・・・
と考えていると
モチベーションも上がってくるのでは
ないだろうか。

リストラなんて明日やってくるかもしれない。
のんびり構えている場合じゃない。
少しの変動(改革)に
相当踊らされるようでは
ダメなんだな~と思う

他の地がとても羨ましく
感じることだってあるだろうが、
果たしてそれが正しい道なのか。
転職先だって
ボーナスが期待できるかどうか。

経営が悪化しているなんて
他人事みたいに考えている暇があったら
己で生産性をあげる創意工夫が必要なんだと
存在感というか使命感をもって
楽しんで仕事をしていけば、
道はひらけていくのかも

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ