人間関係で気をつけていること

人間関係で気をつけていること。

 

なんだろうな~

基本的に自分って

すんごく空気を読むんだけど

 

 

相手がどのように今思っているのか?

怒っているのか?

不安だ・・・不安だ・・・・って感じ。

 

 

基本的に機嫌が悪い人が苦手。

マイナス言葉?

地獄言葉?

っていうのかな~

常にクレームを言う方、

憂さ晴らしというのか、

そんな言葉を受けやすい自分はストレスがたまりまくる

 

 

ここで反抗?反応したところで、

返り討ちにあうだけだ。

できるならば

自分は機嫌の良いまま一日を過ごしたくないので、

なるべく反応しないようにしている

 

 

ものすごく意識をしていうわけではないけど、

なるべくタイミングよく、

相槌を打つようにしている。

ウンウンと頷くと

相手はいい気持ちになれるんだと思う。

 

 

なるべく自分は天国言葉を使うように気をつけている。

気をつけてはいるが

どうしても

「あ~疲れたな~」

「あ~、しんど」

「も~あかん!」

などとマイナス要素のフレーズがふと出てしまう

 

 

これをなるべく人に聞かせないようにしないと。

相手がこんなマイナス言葉を聞いて

何かしてくれるわけでもない。

というよりか、失礼だ。

 

 

あの人といると

なんともストレスをかんじない

一緒にいてホッとするといった

波動を感じさせるべきではないかと思う

 

 

究極の所、

自分の魅力を最大限に高めることができるよう

ちょっとした創意工夫を施しながら

人間関係を楽しんでいるといったところだろうか。

 

 

一応先回りして

こうすると相手が喜ぶだろうな~って思うことを

考え、考え、考え・・行動しているつもりだ。

 

 

ま、それが需要と供給があっていれば

なんとも不満なく職務をこなすことができるのだが、

やはり頭はいい人っているもんで、

なんでもかんでも自分がやろうとすることに、

良くない目で見る人もいる。

 

 

相手のためにナラない・・・・と。

ここらへんのことが、

私はどうしても苦手だ。

まず着手したい、いち早く着手したい自分は

もう止められない。

 

 

こういったところでも、

本当は創意工夫を施して、

皆が平等に着手できるようルール化、見える化といった

工程表をつくるといいのかもしれないが。

 

 

上記に上げた反省点は、

実は子育てにも同じようなことが言えることが

最近わかってきました

 

 

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ