夜寝たくないしもったいないお父さんの考え

スポンサードリンク

 

夜は寝たくないしもったいないって
気持ちわかってくれるかな~。
はい、お父さんいつもこう思っています。
こう言うといつも嫁に怒られるんだけど。

寝てる時間がもったいないというか。
なんだか、生産性があればいいのだけれども。
睡眠学習でもなんでもいいから
「学び」があればまだいいと思う。

ただ「寝る」だけというのがもったいなく感じる。
いや、たしかに健康的な側面もあるでしょう。
血圧だって調整ホルモンが働いたり
記憶の整理に役立つですとか
成長ホルモンが分泌されるだとか、
もう多少のことはわかってるんです。

ほんとなんで「寝る」なんて必要な
時間が設けられるようになったんだろう。
あ、もちろん自分は寝ますよ!
6時間でも、
いやグースカと、ほっといたら
半日寝ちゃいます。

支離滅裂な感じのことを言っているんだけど
こういうことなんだろうね、
わかってくれないこのもどかしさ。あ、そうか寝るのは
遅いわ。なにかに抵抗している感じだわ。
なにかしら動いていないと
人生がもったいない気持ちになって。

人生の三分の一ほど寝てるって思うと
さらにもったいなく感じる。
芸人さんで誰かいましたっけ
短眠さんの方って。
でもやはり健康的な側面をあんまり聞いたことないし
やはり備わった遺伝情報にやや忠実に
生活していかないと、
遺伝子に傷がいき、
病気になるかもしれませんもんね

という私はやはり遅く寝て、
朝起きるのが結構ツライ。
よく寝た朝はめちゃくちゃ良いホルモンが
長っれているのか読書に勉強に仕事に
すごく集中はできる。
こういったときに、
うん、やはり睡眠は必要だな~って感じる

ほんとまだ言うよ
寝てる時になにか作業が継続できていればいいんだけど
どうか体験・経験をつみたい心理なのかな。
充実した人生を送りたい心理と同じ
なんかもしれない。
でも考えてみたらここで
睡眠を取らなくても良い生活を遅れるようになったら
果たして自分は幸せな人生を
送れることになるのだろうか。

寝るということは記憶の整理?
人間って忘れることができるじゃないですか。
あの忘れるってとても重要なことなんですよね。
正直死の世界も怖い思いもある。
この「自分だ」という意識はどこへ行くのか。
そう考えると、やはり
人助けというか魅力的な自分になりたい!って
思う気持ちがどんどん強くなってくると
余計による寝たくないしもったいないって
気持ちも強くなってくるのかもしれない。

でもその死の恐怖を忘れさせるというか、
紛らわせてくれるのが、
睡眠という儀式なのかもしれない。
最近はあんまり怖いと思わなくなってきましたが。
やはりいきなり死を迎えるわけれはないし、
一日一日時間が過ぎていき人生を歩んでいく中で得た
体験などが積み重なり、
なにか体得してくるものがあるのだろう。

なに、自分は言ってるんだろうか(笑)
えらいところに話が飛んでいった気がする。
このもったいないという気持ちもなんだか
子供じみた言い訳みたいに感じてきた。
そうこうしているうちに今はもう深夜2時に
なろうとしている
嫁に怒られちゃうわ!
おやすみ!!!

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ