夫が小遣い制を嫌がる理由?夫婦別財布で生活費やりくり運用はキツイ?

スポンサードリンク

 

夫が小遣い制を嫌がる理由っていうものは何なんでしょうか
給料は、自分で管理したいという旦那の意見は一体どういう真意が隠れているんでしょうか
別財布にすることによって夫婦の生活費など目線を当てると
どういったメリットやデメリットがあるんでしょうか

夫が小遣い制を嫌がる!

小遣い制は嫌だという声は非常によく聞きます
稼いだ給料は自分で管理したいっていう声も非常によく聞きます。
嫁さんの立場から言うと給料は一つにまとめて家計を管理していきたいって
思う人が多いようです

実際、夫が給料を管理していくということになった時って
食費ですとか、生活費というものは毎月俺だけかかるんだよって把握しますね
家賃もあるでしょうし、水道光熱費だってあるでしょうし、保険だってあるでしょう
それで残ったお金は旦那が自由に使うっていうことなんでしょうか
あるいは月に何万円貯金してきましょうと夫婦で決め合い
それでも残ったお金をどうしようかという話し合いがなされるのでしょうか

旦那がなぜ自分が管理したいなどと言い出すのか、現状はどうなってるんでしょうかね
主婦が給料をまとめて管理することと
旦那が給料をまとめて管理することの違いって実情どうなんでしょうね

実質のところを共同管理をしている家庭も結構多くなってきてるみたいですね
私の場合、なんかは絶対に考えられませんが
絶対に浪費することが分かっているし、計画性もないので
全てを嫁に任せています

夫が給料を管理していくっていう話なんですが
これって、給料をオープンにすることが何か抵抗があるんでしょうか
給料の使い道っていうものがなんだか不安になりませんか

職場などでいろんな人と話してみると、案外
別財布でもなく、どちらかが家計を管理していくっていうわけでもなく
お互いが稼いだお金を共同に管理していくっていうものが
以上に平和的だと思うんですが、世間ではなかなかこれが少ないみたいですね

私の家庭も夫婦共働きです
そして実は自分の給料も、どれぐらい貰っているか把握していません
迷彩声も出せるんですが、あんまり見ません
嫁が完全に把握しています

私は月に2回の小遣いをもらえれば十分です
そして、家のローンなどもあるんですが、嫁さんの資金管理も徹底されており、
順調に繰り上げ返済も行えています

貯金なども順調に行えているようです
夫婦の総収入をオープンにしたらいいんでしょうけども
なぜか自分は知るのが不安になっています

嫁さんは小遣いは基本的にないです
必要な時に捻出して嫁さんは買い物をしています
本当にお金
の使い方を正しく知っている人だなぁと感心します

我が家は基本的には家賃も水道光熱費も通信費も全て自分名義の口座から引き落としされるようになっています
うちの食費も日曜的な雑貨も外食なども含めて基本的には嫁さんが持っている財布から捻出されます

夫婦別財布にすると生活費などメリットある?

夫婦別財布にしているメリットって何なんでしょうね
良さがわからないっていう人も結構いるんじゃないでしょうか
中夫婦別財布にするということは
夫婦お互いの信頼関係がないって評価する人や
そもそもの夫婦の金銭感覚の違いがあるのではないかという所が開業
論点になるんですかねぇ

同じ財布でやっていくのがいいかなぁと思うんですけどね
そもそもの小遣い制っていうもの廃止して
カード決済にでもしたらいいのではないかなーとさえ思うことがあります
あるいはそこが尽きかけたときに必要時に二、三万円を都度都度渡すやり方
なんていうやり方で、成功している家庭もあるようです

別財布にしていたら、
本当に相手がどれだけ貯金してるかさえもわからなくなるんですが
そういったものってメリットあるんですかね?
私の場合、そんなの怖くって。

ほんと、夫婦が計画的なのが
一番いいですよね。
必要なときに引き出す・・・ってやり方は一番最悪だ~っていう意見が
職場の人でありました。

やはり別財布にしたらいいんだけど
だけでも月に使用できる金額がルールで決めておいて、
計画的にうまくやっている家庭だってあります。
でないと貯金ができませんからね~
うまく貯金ができている家庭だと、
なんの文句も言えませんが・・・

自由に使えるお金ががるとするなら
自分だったらどうするかな~。
やはり投資信託かなんかに回すかな~。
ちょっとリスクもあるかもしれませんが。

人の意見では、分かれるときに
お金で揉めることがないから楽だと言っていましたが
なんとも怖い考えだな~と感じました。

もし我が家が別財布だったらと思うと不安で仕方がない。
妻の貯金はたまってるだろうか?
もしかしたら自分の貯金をあてにしてるのか・・・と考えたり。
それが競争意識で貯金合戦みたいになっていたらいいのですが、
我が家は子供が二人いるし、
さすがに別財布だと限界がきますね。
そんな効率よくいきませんよ我が家は。


旦那にとって小遣い制が嫌な理由?

ある家庭においては、ともに年収が400万円ほどで、
家賃や光熱費、生活費などは半々など負担してるんですって。
うわ~~~、ダメだ自分はそんなの無理だと思いました。
お金に相当の責任を持っていたらいいですが、
浪費癖ある自分にはとても無理だ

それでさ、その家庭なんだけど、
夫がもし万が一、貯金をまったくしていなかったら、
嫁にめちゃくちゃ怒られる?どう思うんでしょうね?

挙句の果てにクレジットカードなども使い出すかもしれませんよね。
明細をみれば一発で把握できるでしょうが、
そんな逃げ道をあんまり作らなほうがいいと思うな~。
もう自分は完全に嫁任せです。

やはり旦那も接待や飲み会などもしょっちゅうあると思うし、
そんな付き合いに、たれながしのように、
お金を使っていたんでは全然貯金できないですよね。

そういった支出も含め、
夫婦で計画的に管理すべきでしょうし。
それでもっても旦那は小遣い制度は嫌だと言うのであれば、
よほどの夫婦その家庭でのルールを決めておかないと。

その解決策にネット銀行を上げる人もいますね。
給料を毎月貯める金額をまず決めておく。
基本的には手を付けない口座です。
住宅のことや教育、病気などのときだけに使用。

カード支払いの癖がある旦那さんであれば、
リボ払いなどいかに都合が悪いものなのか、
再教育を行っていくことも必要でしょう。
今からキャッシング枠を修正したほうがいいんでしょうね。

そして、口座も
長期管理用と短期管理用に分けることが大切だと思います。
自分も大切だと思っていましたが、
嫁は自然とそういうことをやってくれています。

長期管理用としては、
車の購入費用とか、学校教育費用とかがあたるのかな。
短期管理用としては、
雑貨や、家電商品の購入などが該当するでしょうか。

こういうことをお互いに夫婦話し合って、
計画的に運用管理していくとうまくいくんじゃないかな~ってかんじます。

薬剤師転職サイト一覧
私のプロフィール

現役薬剤師40代、二児の父親
智蔵(ともぞう)です。
【出身地】兵庫県尼崎市

【好きな食べ物】
・ネギ
・キャベツ
・キムチ

【ブログの概念】
薬剤師の存在意義に
疑問を持つようになってきた。
そんな人たちに薬剤師という
仕事のすばらしさを伝えたい。

特に、働き盛りの30代に
なって忙しい毎日の中
うっかり中年脂肪がついて
きちゃった人たちへ

薬剤師である以上健康を保つ
ためにも適正体型である
大切さも伝えたい。
糖質制限ダイエットなら
毎日の生活の中で無理なく
続けられるからおすすめ!

糖質制限ダイエットで
10kg痩せたこと、
今も生活の一部になっていること、
ブログではダイエットの
実践記やお役立ち情報も
伝えていきます

ブログランキング参加中です
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ