旦那のお小遣いはお昼代込?こんな方法で悩まなくなりました

旦那さんのお小遣いと
お昼代についていろいろ考えていきたいと思います。
妻は仕事をしていて収入あり。

ちなみに私は
月に2回のお小遣い日があります。
10日に2万円
25日に2万円。

結論を言うと、
お昼代込のお小遣いとなっています。
たとえば、今、出勤前なのですが、
本日のお昼のことを書くとすると、
「ゆで卵」代くらいです。
1個。

味をつけるためにコンビニで購入した
アジシオ1個ももちろんお小遣いから
100円ちょっとの買い物でしたけどね。

ずっと以前は業者に頼んで、
1個350円ほどだったかな~
定期購入していました。
少しでも
お小遣いを残してやろうと、
「ご飯なし」注文して、
家でご飯を炊いたものを持っていくなどしていた。

それでも1個300円というお金がかかっていたと思います。
300円☓出勤日数
これを月に1回支払うんですが、
なかなかの重みを感じます。

ってなわけで、いつしか、
リンゴだけとかやっていたこともあるし、
キャベツと千切りキャベツを作るためのピーラーと、
ごまドレッシングだけの日もあったりしました。

そういう状態で繰り返していたら
免疫が落ちてしまったのかわからないけど、
病気がちになりやすかったので、
しっかり炭水化物をとっていこうと、
インスタント食品に切り替えたりしました。

いろんなものがありますよね~
ごっつ盛りだったり、
どん兵衛などドラッグストアで購入したとしても
120円~160円などと、
100円にはなかなかならないところが苦しかった。

でもインスタント食品を食べた後って、
めちゃくちゃ眠たくなるんですよね~
食べていた部屋に誰かが入ってくると
「今、たべてたでしょう!?」って。
あの強烈な匂いは、すごい食品添加剤を含んでいるのでは
ないかって不安になり、
書籍を読みまくりました。

やはり相当な人の消化管に対して負担になることがわかり、
健康分野に仕事従事している自分は、
人体実験だということで、
このインスタント食品すらやめて
お弁当に切り替えました

前夜のうちに、お弁当は、
冷凍食品をいれるだけ。
たいがい入れるものは決まってるんですけどね。
からあげ、ハンバーグ、コロッケとか
そんな感じ。

冷凍食品って半額セールしてるものが多いから
お弁当を注文していたときに比べて
非常に安く計上することができたとおもいます。

ただなんとなくつづかないんですよね~
冷凍食品を続けていると、
今度はお弁当がなつかしくなていいます。
栄養面でバランスがとれているのではないか??
と誘惑にかられてきます

しかし、体重はその時は、
適正体重を10Kgほどオーバー
これはストイックになにかやっていかねばならんと考え、
書籍を見て回っていたら
「1日1食」とか「断食」などのキーワードが含まれた
書籍に自然と手をとっていました。

当初大丈夫かな~と不安も感じていたし、周囲の人に
話していてもそんなの余計に危険だよって
忠告されたもんです。
でも書籍を書いている人って、
医師だったりすることが多いので、
1日完全に断食するわけでもないので、
家庭レベルでまずは実践してみることにしました。

今回のテーマとはずれることもありますが、
私が大きく変わった生活環境はというと、
油(亜麻仁油)を取るようになった
運動(メインはウォーキング)するようになった
コーヒーメインからカフェインレスのごぼう茶を飲むようになった
朝ごはんはとらなくなった
お昼はゆで卵だけ
夜の間食はチーズやナッツならOK
「やせ筋」という本を実践中

ということで、ばかばかとコンビニによることも減りましたし
世間では肥満ホルモンと呼ばれている
インスリンも大事に使える体になってきていると思います。
とくに炭水化物など、
成分表記はめちゃくちゃ見るようになりました。

ほんの2ヶ月ほど前までは、
夜の1時とかコンビニに行って、
よくおいしそうなお弁当を買っていたな~。
今では炭水化物量などを見て、
ビックリたまげるようになって、
とても買えなくなりました。

買うならば、
アーモンドなどナッツ系や、
チーズ、肉類、ゆで卵や、
サラダ豆とかそういったものですね。

なので、お昼代だ~、お小遣いだ~とか
困っている人がいたら、
こんな節約方法もあるよ~といった
ご提案をあげてみました。

食べることにそこまで時間を割くことがすくなくなったので、
生活の生産性もめちゃくちゃ上がります。
エネルギー効率もよくなるので、
仕事の集中もできるようになります。
眠たくもなりにくくなったし
現在体重は74Kgあったものが、
現在65Kgにまでなって、
体がとっても軽いです

お昼ご飯は食べなきゃ~っていう
昔から食べることが必須だと感じている
生活スタイルを変えるのは非常に困難だとおもます。
お腹が空いた~とか、
食べなきゃ~といった思いは、
きっと脳に騙されているだけなのかもしれない。

食べれない時代のときの食習慣などを
書籍などで一度
みると理解力が増えるかもしれません。
もはや遺伝子レベルでの話になってくると思いますが、
私はいま、インスリン分泌を感じながら、
生活してるともいえます。

たまったお昼代にあてていたお小遣いは、
家族プチ旅行代にあてるようにしようかな~と計画中です

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ