昼休み仕事する人は迷惑?アピールされてもうるさいだけ?

スポンサードリンク

 

昼休みに仕事をする人は迷惑被っているのか?
仕事をしてるぞアピール?
上司に強要されているならまだしも。
昼休みすら休めない環境なのか?

うざいと思われることも多々あり。
休憩しない従業員がることもあるかも。
それはたしかに管理者あらすると好ましくない

以下に思うところを書いていきたい。

昼休み仕事する人って迷惑?

昼休みに仕事する人って
基本的にはもちろんがんばりやさん。
やるからには理由があるはずだ。

結局は自分が動かないと
仕事が回らないと思っている人もいるだろう。
そうとなれば、その人の
創意工夫が足りていないと思う。

結局自分が抜けても
利益は実は減らなかったりする。
だったら自分の影響でなかったら
何が原因なんだろう。

基本率先して休憩中でも仕事をしてる人って
もちろん仕事も早いので、
何でも仕事を引き受けてしまう。
でもなかなか出世には結びつかない。

いっときの感謝くらいはされるだろうが
結局それ止まりである。
逃げて逃げて仕事する人は多くいる。
でもほんと頭いい人はいるもんで
休憩中に仕事をすることによく思ってない人がいる

結局甘やかしがよくないのだ
改革が必要ってこと。
創意工夫が必要。
みなが平等に仕事に着手できるよう
先回りし準備しておくこと。

自分ばかりストレスを食らうのは
もう卒業にしたほうがいい。
結局自分だけ仕事をしているので、
自分の生産性が上がっていなはず。
もっと自分の仕事をやりたいとおもっているはず。

はっきり「迷惑」と思われてるととっておいたほうがいい。
そもそも労働基準的にアウトだろうし。
黙認されていいはずがない。
きっと逃げて逃げているひとは
責任者や社長がラウンドにこられたときは
効率よく休に働き出すであろう。


昼休み仕事をアピール

賛否両論ありますね
ま、一言昼休み中の仕事はやめときなって
なるのでしょうが、
回覧物を読んだりするのも
仕事だと捉えられたら私は仕事をしていることになるのか。

あるケースにおいては、
人が休憩している傍らで仕事をさっると
うるさく感じ、調子が狂うのが嫌なんだそう。

しっかりと体を休めることも大切ですよね
でも仕事が息抜きだと思っている人も
いるわけで職場全体の価値観が違う以上
平均的なところに持っていくことは
困難なのでしょう。

労基法まで持ち込まれると
やはり休憩時間は遵守すべきだし
職場全体の効率が上がっているというのが
定量的にわかればいいのですが。

休憩中に仕事をする人

休憩室に行かない人。
休憩
お菓子をたべたり、ご飯を食べたり?
渡しの場合はお昼ごはんは、
ゆで卵やナッツくらいしか食べなのですぐ終わります

炭水化物を大量にたべるとものすごく
眠くなってくるので
生産性が落ちるんですよね。
仮眠してスッキリするのであれば
いいと思うのですが多くの方で
午後から集中力を高めて仕事をしている人は
あまりみうけられない

やっぱり忙しいアピールなんでしょうか?
クレームを言いたい人がいるでしょうが
結局自分で仕事を推進させて行ったほうが
はやいと思ってるんでしょうね。

本当に仕事が追い込まれているんだたら
職場内で創意工夫をこらし、
解決していくことが大事だと思うのですが

自分がいないと会社が回らない
こんな思いはすごい危険性があると思っている


昼休み仕事はうるさい

やはり多くの方はきちっと昼休みに
休憩をとっている。
仕事をしちゃっている人はまず
周りの迷惑を感じ取るべきだ。

昼休みくらい休めって言っている
気持ちをしっかり考えないといけない。
仕事の話などをされると
「うるさないな~」
って思われている。

本当にやめてほしいと思われているみたい。
職場によると思うけど。
あともしかしたら上司にも
問題があるのかもしれない。

上司も率先してお昼休みは
きっちりととっていただかないと。
残業もなくきっちり、
就業規則に則ってきちんと定時で帰宅する

ライフワークバランス!
お昼休みにきちんと仮眠し
自分の時間をきちんと確保したいっていう方は
耳栓をしているところを
マザマザとみせ
さらにアイマスクでもすると完璧ではないか。

スポンサードリンク

 

昼休みに仕事を強要

昼休みに仕事を強要されたらどうする?
我が職場ではないのだけれども、
片手間ででいるような頭を使わない程度の
ものだったら声がかかったりする
というか自分でもってきたりもする

印鑑押すだけとか。
書類を整理するとか

ま、あんまりにも仕事を強要されることが
多かったりすると、仕事を辞められる
原因を作ってしまいがちですよね。

中には断りきれなくて
おとなしく仕事を引き受けるか。
法律でも明記されているようだが、
そういえば会社の内規的なものは、
みたことがない。
定められているのだろうか。

泣く泣くやっているようだったら
今後のために
仕事をするよう命じられたときは、
詳細にとどめておいたほうがいいかもしれない。


昼休みに仕事する上司

とあるネット情報では、
昼休みに仕事する上司は「無能」だと書かれていました。
そんあ説はどうだっていいが、
周囲を巻き込む力がない指導力のない上司は
やはりそうなっていくのかもしれない。

やはり上司がベンチマークとなり
残業なく遅滞なくかえって見せる
仕事の段取り力があると、
魅力的に見えるものだ。

でもどうしても一人で仕事を抱え込む
上司はいただけない。
本当は周囲に任せきれないんだろうけど、
周囲の人は期待以上の仕事をやってみせるからと
お手伝いの声の一つでもかけるべきだと思うが。

仕事昼休み休めない

他の人はきっちり休んでいるが
自分は休憩も数分しか取れず
仕事に没頭してしまうことがある。

職場が変に需要供給がマッチしているのかもしれない。
のほほんと構える人
いやいや仕事を先延ばしすると、
気味が悪くなる人。

頑張って仕事を先に勧めていく人は
本当にストレスを抱えている。
いっそのこと最低限
皆が作業スべきレベルを設定してほしいものだ。

なんなら職場にカメラをつけてもらっても
いいとさえ思う。

労働基準法ってあるようで、
労働時間6時間以上で45分以上、
8時間以上の労働で1時間以上の休憩が必要だと。
生産性ということであれば、
やはりこれには遵守すべきなんでしょう。


昼休みに仕事する上司

仕事というか我が職場では
共有スべき回覧物を読み耽る事が多いです。
そしてご飯を食べたらガッツリ寝る人も多い。

わたしは仕事というか
職務に関係のある書物を読むことが多い。
眠くないので寝込むことはない。
そんな炭水化物を摂取しないことが、
私には合っているみたいだ。

食べない方がやる気がでる。
生産性も過去に比較して
抜群に上がっている!
集中力も高いし
機敏性もあると勝手に自認している。

たま~に、午前の仕事をそのまま集中したくて
お昼もとらず、その場所も離れずに、
仕事に没頭してしまうこともある。
社外にでかけ車の運転をするっていうときもあるが
運転中は意外に気晴らしになるので、
自分にとっても休憩時間のようなものだ。

昼休みに仕事されるとうざい

休憩時間に働く人は
意外にも高評価をうけているように思えない
うざいというか、迷惑にさえ
感じられていることも多いようだ。

これがこじんまりとした会社で
されるとほんとたまったもんじゃ
ないくらい困惑するようだ。

席が隣でバタバタと仕事をされちゃ~
休んでいる自分がなんだか
働かないぐ~たら社員のように見えてしまう。

仕事をやってる人はやってる人で
もしかしたら思いがけない理由があるのかもしれない。
実は二人切りで休憩室にこもると、
その空気に耐えられない・・・とか。


休憩しない従業員

こういう会社もあるんですね。
これにはいろんなケースがあるみたい
忙しいし1時間の休憩すらとる時間すらない!
時給制でわざわざランチに1時間など無駄であるとかなんとか。

もしかしたら休憩しなくて仕事をしたら
その分、休憩返上手当みたいなものが
就いたりして請求していたりするのかな~

それは労働基準法的にもだめですよね。
きちんと休憩をとってもらい
安心な職場環境を作り上げることも
上司の役割だと思うので、
ぜひ黙認せず
現場のだめなところには積極的にメスをいれてほしい。

やはり体が資本!
健康体が大切です。


休憩時間に休めない

やはり休憩時間といえども、
急用のお電話がかかってきたりします。
職場で戻り対応していると、
もう手が離せない状態で、
パンク状態。
周囲も対応したぶん休憩に入りなよって
心遣いをしてくれるが
どうも行きづらい
この気持ちわかるかな~

なんかいつも休憩時間に
どういった急用が飛び込んでくるんだよなあ~
ちょっちみな
仕事の進捗をしっかり
把握しといてよ!で
ムスって怒っちゃうこともあるが、
意外に耐えてきている。

ぜひ休憩をしている当人出ない方が
今のは仕事の対応だから
きっちりと休憩をとってきてくださいねと
自然と言い合える気持ちいい職場を
作っていきたい

スポンサードリンク

 

薬剤師転職サイト一覧
私のプロフィール

現役薬剤師40代、二児の父親
智蔵(ともぞう)です。
【出身地】兵庫県尼崎市

【好きな食べ物】
・ネギ
・キャベツ
・キムチ

【ブログの概念】
薬剤師の存在意義に
疑問を持つようになってきた。
そんな人たちに薬剤師という
仕事のすばらしさを伝えたい。

特に、働き盛りの30代に
なって忙しい毎日の中
うっかり中年脂肪がついて
きちゃった人たちへ

薬剤師である以上健康を保つ
ためにも適正体型である
大切さも伝えたい。
糖質制限ダイエットなら
毎日の生活の中で無理なく
続けられるからおすすめ!

糖質制限ダイエットで
10kg痩せたこと、
今も生活の一部になっていること、
ブログではダイエットの
実践記やお役立ち情報も
伝えていきます

ブログランキング参加中です
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ