1日1食で好転反応!お腹が鳴るのが楽しみ♪

 

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

 

現在の体重経過(身長163cm)
1年前の体重:74Kg
現在:2020/05/27 65.2Kg
目標:50Kg台

 

 

以前までは1日3食が当たり前だった。
いや、完食をいれたら、1日5食になるだろうか。
1年前に「糖質制限」「1日1食」という関連本を
読み漁り、無理ない程度に実践してきた。

 

 

 

一番驚いたのは、
お腹がグ~~~って鳴ることも、
細胞レベルで若返りの効果があるということだ。

 

 

全然知らなかった。
それを知って以降、
お腹を鳴らすことを楽しみに毎日過ごしていると、
完全なる糖質制限ではないが、
「朝食なし」はほぼ完遂できている。

 

 

 

ただ否定的な声もある。
世の中に正しいことだけわかってれば、
それに忠実に実践していけばいいが、
いろんな研究者が批判し合っている

私にできることは良いと思ったことは、
自分の体を使ってためしてみることだった。

 

 

体重74Kg合った頃は私は「社長」と呼ばれていた。
身長163cmから非常に恰幅がよかったのか。
私もそんな迷惑かけてることないしと
そんな恥ずかしく感じることはなかった。

 

 

 

でもなるべく空腹の時間を作るよう、
そんなストレスをかけずに1年やってみたら、
体重が62Kgまで激減していった。

 

 

私の大好きだったのはコーヒーに柿ピーである。
やはり今でもたまにコンビニに行けば食べたりする
でも、なるべく空腹の時間を長くつくり、
身体の負担を軽減させるイメージでいたわると、
若々しい身体にできあがることを実感する。

 

 

周囲もとてもビックリされる。
不健康な痩せ方でもないし
周囲も興味津津なのだ。

運動だってそんなストイックなものは実践していない。

 

 

その場でできる伸ばし体操のようなものだ。
テレビを見ているときや、
薬剤師の業務で立っているときなどで、
時間があれば腰回し運動などをしている。

 

 

1日1食はさすがに現実的ではないですね。
実際にチェレンジしてみれば
有に自分の目標としている50Kg台達成すると
これは自信がある。

 

 

でもやはり「食」を減らすことで、
どうやら長寿の遺伝子が影響するようです。
延命遺伝子の話をきいたとき「これだ!」と思いました

 

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ