調剤薬局薬剤師(智蔵)今日の思考メモ・勉強した事 

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

自主性がない薬剤師!役割分担を作ろうか計画中

 

誰が、投薬担当?鑑査担当?とか、シフトによって今は定着している。
だが、下記の事が自主的にできていない!

 

 

・不足薬の手配や入荷後の確認

 

・カセットのバラ充填業務

 

・カセットの使用量の見直し

 

・各担当者に割当されている「加算」関係の算定アップのための創意工夫

 

 

 

こういったことを、今のシフトにプラスのルールを追加し、
軸となる担当、副軸となる担当者を決めようか検討中。

 

 

以前に業務管理票つくったが継続できない。

 

 

 

1日の薬剤師業務管理タスクみたいなのを作ったことがある。
最初は珍しがって注目してくれるが、
やがて目も当ててくれなくなる。

 

 

自主的に動く人と、まったく時間がなくてそのタスクに
取り組んでくれない人がいる。
これだと軸となる人を決めていないのできっと
「誰かがやってくれるだろう精神」でいるのだろう。

 

 

やはり現在のシフトで朝番の人、中番の人、遅番の人・・・って、
タスクを割り振ろうと計画中。

 

 

 

ロケルマ懸濁用散分包の発売準備中

 

・高カリウム血症の治療に新しい一手を。

・他の陽イオン存在下でもカリウムイオンを選択的に補足

 

 

 

イノラス配合腸用液

・コーヒーフレーバー、いちごフレーバー発売準備中の案内

 

 

 

ビンダケルカプセルの処方箋取り扱いについて

・TTR型アミロイドーシス治療薬。
・適応症

 

 

 

初回質問表

・内容更新
→身長、体重。アレルギー。薬の管理。

薬をお渡しする際の配慮。携帯電話聞き取り。

 

 

 

消毒用アルコールの購入方法について。

 

 

 

今日一日を振り返って。

 

 

ヒヤリハットが先日発生した。
速やかな対応ができてよかった。
今回の事例では、社内の連携の必要さを学んだ。

 

 

「思い込み」というものがすごく危険。
毎日、随時社内で情報共有する大切さを実感した。
些細なことでも皆で共有することで

意外な創意工夫に結びつくことがある。

 

 

明日からはマメに社内情報共有スペースなど利用していこう!
投薬時においてもまだまだ勉強不足を感じた。
漢方一つだけなのに、突っ込んだ説明や

オープンドクエッションが十分にできなかった。

 

 

疑問を思ったときはすぐに勉強。
次回に絶対失敗しないように学習しておくことがほんと大事だ。

 

 

次はどんとこいとう自信!
すると患者様を薬局で待つ姿勢が変わってくる。
投薬して患者様が満足して帰っていただく姿を想像すると、
ワクワクしてくる。

 

 

だからダメだった場合はもちろんその場でその日反省すればいが、
かならず放置してはならない。すぐさま次回に向けた勉強が必要だ。
「またあの薬剤師に会いたい!説明を受けたい!」という
魅力的な薬剤師になっていきたい。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ