トリダスPRO to-100(お薬取出器)大同化工の口コミ&操作動画

 

あんまりお薬をこういった補助具を使って
仕事をするのにすごく抵抗があったのですが、
実際に大同化工のトリダスPRO to-100(お薬取出器)を
使ってみて、癖になりそうだったので、
口コミや操作動画などを撮ってみました。

ひとまず現物がこんな感じ

お店に入ってきた時は
「フ~ン」という感じだったが、
数ヶ月経過し、ちょっと
操作してみたくなった

取り扱い説明書も読む気になった。
ま~、説明書など読まない人の方が
多いかもしれませんが、
写真を撮って置きました。

今日が初めてだったので、
すごく動作がぎこちないのですが、
動画もとってみました。

今、あらためて見てみたけど
なんとも慣れていない感じがすごくでてる(笑)
店で購入当初から使っている人は、
めちゃくちゃパパパパと
錠剤を取り出しています。

なんかコツかなんかあるのかな~。
錠剤シートの凹凸に多少ひっかかり、
こんなぎこちない動きになっちゃうんだけど
でもお上手な人は、
ガシャンガシャン・・・と
リズムよくトリダスPRO to-100を
使っているのに。

これ使いながら思ったんだけど
ご覧の21錠シートだと、
なにもしなかったら真ん中の錠剤まで届きません。
両端をリズムよく錠剤を落としたら、
縦にハサミを入れて
14錠シートのように仕上げると
手でむくようなことはしなくてもいいのですが、
なんかシートがやわくなった感じがして、
錠剤ヒートの切れ目(スリット)のところが、
たま~にパキッと折れてしまい、
錠剤シートがフニャ~ってなることがありました。

あ、そうだ
これ、確かネキシウムカプセルだったかな。
カプセルが割れちゃいましたよ。
使う人の技術によるのかもしれませんが、
私はカプセル剤は、
ヒートに爪でグサッとさし、
そんな圧力なく取り出せるよう工夫しています。

そして分包機にも直接実践することができますね。
なんかやはり自分は、
手でやったほうが早いような・・・って
まだちょっと怪しんでいますが、
たまにヒートがめちゃんこ硬いやつとかがあって、
それを1000錠でも錠剤を取り出さないといかん!って
なったときは、絶対にトリダスPRO to-100を
使う方が生産性があがります。

あと衛生的にもやっておいたほうがいいのは、
ロートの洗浄ですね。
ここもうまく取り出せるか心配でしたが、
案の定ぎこちない動きの動画がこれです。

う~ん、でもやっぱりトータルでいえば、
仕事の生産性は確実に上がっていますね
トリダスPRO to-100を購入して
手は遥かに楽!
自分って操作するまで抵抗することが多かったのだが、
実際に今日使ってみて「お!!」って
思いましたから。

錠剤は今の所、他の先駆者から聞いていた所
問題はでていません
そいてガシガシ使いまくっています。
そういえば、楽だったな~って思いました

錠剤のバラシにまず私はスピードを
伴えるよう今後も扱っていきたいです。
ただ分包機に直接セットは、
さすがにまだ私のレベルでは、
いろいろ考えてしまって、しばらくは経過観察で・・

スポンサードリンク

 

カテゴリ:調剤関連  [コメント:0]

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ