娘の花粉症アレルギー検査!採血時に緊張でパニック!

 

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

コロナでステイホームのさなか、
子供(娘)とともに小児科受診。
今回の目的は以下の通り。

 

 

  • 定期薬をいただく
  • アレルギー検査を依頼

 

娘の病状は、
起立性低血圧
過敏性腸症候群
片頭痛

定期薬はいつもどおりに頂く予定。

 

いただいているモビコールが飲みにくいのか残薬多数。
あと睡眠の質改善にと、
最近はロゼレムを頓服的に服用。

 

 

今回受診の大きな目的は、
アレルギーの血液検査をしていただくことだった。

血液検査(アレルギー検査)を依頼しようと思ったキッカケが、
以下のとおり。

 

 

・お母さんが花粉症
・外出時に最近鼻水、目のかゆみが出現
・家で掃除して誇り舞う時に症状がでることが多かった
・ダニとかも心配だった

 

ということで、受診時開口一番
先生にお願いしました。

 

 

快く聞いていただき、
血液検査をしていただくことになった。

 

 

「なんの検査(項目)しようか~」
ということでいろいろ聞かれました

ブタクサやカゼイン、ダニなどなど
ほんと多種項目がありました。

 

いっぱい提案していただいたので
もうなんの検査項目を依頼したのかもう忘れました。

そうこう話しているうちになんだか娘がソワソワしている。

 

どうやら「採血」が不安なんだそうだ。

 

その気持をさっし、もう中学2年生である娘に
「唐揚げ棒買ってやるから」となだめる(笑)

採血室に向かった
めちゃくちゃ人が多かった!
受付で受付票を交付し待つことになった

 

この待っている間もソワソワしまくっていた。
「あ~どうしよう、緊張する~」

って何度も何度もなんども・・・・

15分ほど経過し、出番になったときに
緊張感MAX!

 

腕をさしだし男性職員による

血管探しをしているようだが
どうにも左右の腕をためすが

ベストポジションが見つからなかったらしい

男性職員がその場で何なら悩んでいる。

 

どうやらベテランの女性職員にチェンジしたようだ

 

お父さんから見た目、
この先程の男性職員もそこそこ経験がありそうで
最初は落ち着いていたのだが、
もっとベテランそうな女性職員にチェンジし、
お父さんも安心しました。

 

 

いざ、本番。

 

娘は笑ってる。腕が震えてる・・・
お父さんは

「マジマジ注射する部位をみるな。唐揚げのことだけ考えろ」
というが、どうも緊張していたが

 

そうこうしているうちに一番痛くなる瞬間は終え、
無事に採血完了していただけました。

 

 

病院でほんと周囲にも申し訳なかったが、
ちょっと騒がしかったあもしれない。
緊張する娘の気持ちもわからんでもないが。

 

 

その後は病院内になるコンビニで
唐揚げを買いに行った(笑)

 

細かく言うと娘に「なにがいい?」ってきくと
「鶏のカワ」と「ハッシュドポテト」というので、
頑張ってのでそれを購入した。

 

 

採血した血液検査の結果は次回受診時にわかるようだ。
今の娘の病状が少しでもよくなってほしいな。
今回の血液検査はほんとやってよかったと思います。

 

 

あ、そうだ、
今回の血液検査で鉄の状態もみてくれるんだった。
娘の朝から起きづらいといっている生活習慣は
「もしかしたら鉄不足?」と思っていた

 

お母さんの思いから、
以前鉄剤も処方していただけないか、と診察時伝えたら
血液検査しないとダメだったそうで、
その血液検査を今日できてよかった~。

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ