パート薬剤師は仕事で使えない?

パート薬剤師は仕事で使えない?
こういったテーマを考えてみました。

 

私が経験した店舗では珍しくもパート薬剤師さんが
働いている人と共に仕事をしたことがあんまりないのですが、
当時、薬局長なり周囲の局員がどのように接していたのか、
第三者目線で感じていたことを書いていきたいと思います。

 

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

仕事ができない?

 

「仕事ができない人だ!」

と露骨に言っていることはありませんでしたが
やはり意識の違いが正社員とは違うな~と感じたことはあります。

 

定時の意識ばかり考えており
どうも薬剤師の質的向上というか、
存在意義というものを感じ取れないことが多くありました。

 

薬局長からもよく叱られていたり苦言を聞いたことがあります。
調剤内規を理解しなかったり、
初期鑑査の手順が独自のルールで行ったりするので
ちゃんと局内で意識を統一してくれる方でないとヒヤヒヤします

 

とにかく仕事が遅い?

 

仕事が遅い印象も受けたことがあります。
遅いというか、やはり自分が仕事を

切り上げるタイミングばかり気にしていて
それに合わせてるというか。

 

もうちょっと自分の置かれている役割や責任感を持って
働いてほしなと思うときはありました。

 

もちろん正社員においても同様の事例はありますが
今回のテーマはパート薬剤師さんということで、
語弊がある書き方で申し訳ないのですが。

 

 

知識不足が原因で仕事ができない

 

やはり短時間勤務ということもあり、
社内の調剤内規やマニュアルなどを

習得する時間がないのかもしれない。

 

私は帰宅してからも基本的には
日々勉強を続けていますが、
パート薬剤師さんで私が接してきた人は
やはりご家庭のこともあり、多忙となっているのでしょう。

 

そこらは調剤薬局内で創意工夫を

施し機能化させるべきでしょうね。

 

あと個人の意識改革も必要です。
薬剤師は生涯知識をアップデートしていかないと、
ヒヤリハットに繋がる恐れもあります。
ここは気を引き締めてほしい!

 

 

間違いが多い

 

ここもやはりちょっとずつですが
きり詰まったタイムスケジュールの中で、
働いていただいているので

情報共有などもうまくいかないのかもしれません。

 

社内回覧のデータなどは共有しているのですが、
インプット>アウトプットの図式で、
日々業務に当たっていることになるでしょうし、
それが間違いを誘発している流れになっているのかもしれない。

 

患者様にとってみたら、

目線は同じ薬剤師なので言い訳はできません。
ピッキングミスや鑑査ミスなども当然ゆるされません。

 

きちっと正確迅速に仕事業務をこなす人もいます。
良い例に見習って自身のブラッシュアップを図っていただきたい!

 

 

コミュニケーションが取れない

 

これもそうですね。
時間がほんとビッチシ業務にあたっていただいているので
コミュニケーションも難しのかもしれない。

 

上手にこなす人もいますけど。
こちらもカルテ記載のときに話しかけると、
残業など発生させてしまう可能性もあるので
気を遣ってしまいますし。

 

どんなベテランのパートさんでも難しいかもしれませんね。

 

返事をしない

 

いや、この事例はそんなになかったと思います。
どちらかというと正社員に思い当たる人が過去いましたが
この意思疎通もできない環境はほんと苦痛です。

 

他の薬局さんでこういった

「返事をしない」事例があるんでしょうね。
どうしてそんな不機嫌なのでしょうか。

 

仕事なので割り切ってやってほしいと思う。
このコミュニケーション不足が
その店舗においてクレーム事例を発生させてしまうので、
これは早急に対処が必要であると考える。

 

 

報告・連絡・相談をしない

 

報連相ですね。
これをしてくれないことにはほんと困ります。
もちろんパート薬剤師さんだけに限ったことではありません。

 

ただパートさんだと時間がなくて、
申し送りも十分にできなくて、

報連相しないつもりではなかったけど、
するのを忘れていたっていうケースもあることでしょう。

 

在庫が不足したらその情報共有。

在庫の発注点だって発注者にどうしようか相談すべきでしょうし。
投薬の場で患者様から聴取した情報共有事例を次回に活かせなかったら、
薬局の信用問題にもなったりしますし。

 

この体制はきちんと完備されている職場がいいと思いますね

 

文句ばかりで仕事をしようとしない

 

こういう方はいらしていましたね。
なぜそこまで不機嫌なのか。

 

相手の言い分もあるし、
慎重に事を運ばなければならないが、
これは上司と要相談が必要ですし、
派遣薬剤師さんともなれば、

派遣先の方とも相談させていただいたことがあります。

 

お互いの言い分をハッキリさせ、
うまくいった事例もありますし、
残念ながら転職された方もいらっしゃいます。

 

 

忙しくなってくるとなぜかいなくなる

 

クレームのときなどは

もちろん薬局長なり管理薬剤師などが
対応すればいいと思うが、
忙しくなると奥の倉庫などに逃げちゃう人はいましたね。

 

本人は気づいていないのかもしれませんが
人の機微というのはやはり

客観的な立場から見た人でさえもハッキリ
サボっていることがわかります。

 

ここを頑張りとおすと得るものもあるでしょうに。
そういった緊張感があるときに創意工夫というものが生まれる

 

まとめ

 

パート薬剤師は仕事で使えない?
こういう視点で自分の思いあたる体験談をかいてきました。

 

厳しい書き方になったとおもいますが、
正社員でももちろん起こっている現状です。

下記にポイントを列挙いたしました

 

 

★仕事ができない?

 

★とにかく仕事が遅い?

 

★知識不足が原因で仕事ができない

 

★間違いが多い

 

★コミュニケーションが取れない

 

★返事をしない

 

★報告・連絡・相談をしない

 

★文句ばかりで仕事をしようとしない

 

★忙しくなってくるとなぜかいなくなる

 

ちょっと些細なことで

不平不満が勃発しやすい環境に自店舗で働いています。

 

皆が素直に傾聴し、行動し、

天国言葉あふれる職場だと
気持ちいいのにな~とおもいます。

 

自分はできるだけ創意工夫を施し、
自然と皆の平均レベルが上がるように努力しています。
パート薬剤師さんにも時間が

切迫していて大変なお気持ちも察します。

 

上記に上げたポイントは自分も耳が痛いのですが、
どうにか協力しあえる居心地の良い職場を作っていこうと思います。

 

どうにもこうにもならない店舗だったり、
自分はすごく頑張っているのに環境変化にまでは至らないときは、
転職も視野に入れたほうがいいのかもしれない。

 

最近の薬剤師の転職サイトさんは
相談に乗るだけでも気持ちよく引き受けてくれます。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

薬剤師転職サイト一覧
私のプロフィール

現役薬剤師40代、二児の父親
智蔵(ともぞう)です。
【出身地】兵庫県尼崎市

【好きな食べ物】
・ネギ
・キャベツ
・キムチ

【ブログの概念】
薬剤師の存在意義に
疑問を持つようになってきた。
そんな人たちに薬剤師という
仕事のすばらしさを伝えたい。

特に、働き盛りの30代に
なって忙しい毎日の中
うっかり中年脂肪がついて
きちゃった人たちへ

薬剤師である以上健康を保つ
ためにも適正体型である
大切さも伝えたい。
糖質制限ダイエットなら
毎日の生活の中で無理なく
続けられるからおすすめ!

糖質制限ダイエットで
10kg痩せたこと、
今も生活の一部になっていること、
ブログではダイエットの
実践記やお役立ち情報も
伝えていきます

ブログランキング参加中です
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ