仕事で悩める新人薬剤師やるべきこと!もう「使えない」と言われないために。

 

新人薬剤師がやるべきことについて自分の
新人薬剤師のころを思い出し、
当時の自分にどのようにアドバイスするのか、
その気持になって考えてみました。

 

辞めたくなる気持ちも強く出たときがありました。
ほんと良き先輩薬剤師さんに接触できたら最高なんだけど、
やはり自主性は求められると思います。

 

転職が近道だったりすることもあることでしょう。
実際調剤薬局はそういう方が多いようです。

 

その新たな職場でも最初はその薬局では新米さんなので、
そういった方々に私の思いも少し役立てていただけると嬉しく感じます。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

 

新人薬剤師が抱える仕事の悩み

新人のときはいろんな事で悩んだ。
もちろん知識がないこともあったが。
シップ一つ投薬するのにすごく緊張したもんだ。

 

それにどこに行ってもそうだったが事務員さんがとても性格きつい!
なんでそうなっちゃうんだろう。

 

たまにいる心優しい事務さんがいるとホッとしたことを今も覚えている。
いや、これは新人だけではない。
ある程度働き、異動となったとき、
異動先でも事務さんが怖かったりした。

 

ある程度在籍してると仲良くなるんだけど。
最初の頃なんて薬剤の発注なんてわかったもんじゃない。
今は機械的にできることが多いでしょうが。

 

とにかく忙しすぎる先輩薬剤師なども、
なかなか落ち着いて業務内容を教えてくれることも難しいでしょう。
そして何も仕事をできない時間がなんかもどかしい。

 

最初の頃悩んだのはほんとなんか仕事を与えてくれ!ということだった。
なんでも仕事を覚えているひとだったらいいが。

 

でもぼ~~っとしていると事務員からも薬剤師からも
冷たい視線で見てくる。

 

ほんと自主的にやりたいっていう思いもあるが、
勝手な行動がヒヤリハット、インシデントにつながる可能性もあり、
仕事のバランスが難しい!

って新人薬剤師さんの悩む気持ちはすごくわかる。

 

 

「薬剤師をやめたい」と思ったことは何度もある

そうだったな~。
もう辞め癖がついちゃう。
自分もそうだった。

 

結果論かもしれないが1年も経過するともう馴染んでいることがおおかった。
事務さんからも先輩薬剤師さんからも慕われることが多かった。
でもこれはその人がどのように仕事に着手するか行動にかかってる。

 

やはり仕事の質はそれなりでも、
早く習得、仕事を早くこなす人は一目おかれる。

 

そこを人任せにしていたり、
自分を成長させようという思いも感じられないように見られると、
そういうタイプの集団の中でだったらウマが合うかもしれないが、
ほとんどの職場ではザックリ言うと追い出されることになるだろう。

 

もしかしたら転職する可能性だってあるわけだし、
絶対にその職場で得ることは絶対に得ておいたほうがいい!

・新人薬剤師が抱えやすい悩みや!

 

ボ~~っとた突っ立っているだけの仕事だったな~最初は。
治療薬マニュアルを眺め勉強し、
ピッキングの仕事が来た時に着手する。

 

在宅の薬を配薬カレンダーにセットしたり、
もう定時の時間まで立っているのが本当に痛くてしんどかった。

 

たまに投薬練習などをやってくれたりするのだが、
ほんの些細な時間だった。

 

でもそれも今の自分の宝物になっているのだが。
今、その投薬のコーチをしていただいた人に今会うと、
きっと今大泣きすることでしょう。

 

 

新人薬剤師が仕事に慣れるための方法!

当時新人薬剤師だった自分にアドバイスするんだったら
何を伝えるかな~。

 

自分が先輩薬剤師だったら、その新人薬剤師がやる気満々の人だったら、
会社のOJTマニュアルに沿ってどんどん教えるんだけど。

 

というより今も常に勉強ですけどね。
とにかく薬局はどこの科目でも幅広く応需するので大変。
10年以上経過して、今ハッキリ言えるのは、
今日の悩みは、即日解決させること。

 

患者様からの悩みは宿題として受け取り勉強しておく。
それが役立つときがほんとかなり多くある。
しかも知識がいつしかリンクし合って質の良い情報提供に結びつくのだ。

 

薬剤師の業務も何度もシュミレーションするといい。
処方鑑査や初期鑑査、ピッキングや最終鑑査の訓練は毎日。
鑑査支援票のようなものはでるでしょう、きっと。

 

今日個人情報シュレッダ使用としている紙を頂き自分の勉強資材とする
それを完璧に近いほど処方検討を行う。
機器の操作だって、自分で操作しないと血肉にならない。

 

これは率先して一番着手する人間になってほしい。
一番多く着手するのだ。

 

まとめ

 

新人薬剤師がやるべきことについて
以上私の体験談を思い出しながら書いていきました。
以下のことを書いてきました。

 

 

・新人薬剤師が抱える仕事の悩み

 

・「薬剤師をやめたい」と思ったことは何度もある

 

・新人薬剤師が抱えやすい悩みや!

 

・新人薬剤師が仕事に慣れるための方法!

 

 

 

仕事の悩み、抱えやすい悩みなどは、
調剤薬局特有の悩みがあると思います。
新人薬剤師さんがあまり思い悩まず、
ちょっとでも心安らいでいただければ嬉しいです。

 

 

あと私は今ももちろん職場の人間関係で悩んでいます。
今日もそう。
明日もきっとストレスを抱えることでしょう。

 

職場内だけではない
薬局に電話がかかってくる、
病院の処方医や看護師なども心無い心を浴びさせてくることがある。

 

 

私は1人でといったら大げさかもしれないが、
解決できなかったことが、
転職サイトさんに相談すると、
内部事情に詳しい方が応対していただけます。

 

登録したら絶対に転職しなかればならないと思っていたが、
今の転職サイトさんはそんな執拗な勧誘などはないことが多い。
私は相談してほんとよかったと思います。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ