苦手な薬局長が嫌いでどう接すればいいか?

薬局長が嫌いで1年間ほど憎しみを持ちながら
仕事をしていたときがありました。
薬局長も異動してきたばかりもあったかもしれませんが、
とことんなんの業務にも入ってくれない。

 

 

係長なども応援に来てくれたりするのだが、
「あの薬局長何やってるんだ?」
新人薬剤師にもこのような声があがったり、
事務員からもこのような声があがっていた。

 

 

 

最近ではそのころの事も思い出したくはないが、
いよいよ許すことにしようと思った。
自分もどこかで迷惑をかけてしまったり、
知らず知らずに尻拭いをしてくれてるときもあったことでしょう。

 

 

それでもやはりどうしても残念な上司や薬局長がいるのならば、
異動を申し出たり、転職するのもいいでしょう。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

 

苦手な先輩・上司とどう接すればいい?

一生懸命な上司を見ると、
頑張らなきゃ!と思うときもあるが、
どうみても残念な上司や薬局長がいるもんだ。

 

 

一応自分も薬局長&管理薬剤師を経験していたときがあるから、
業務の大変さも理解できる。

 

 

薬局長などは、自分のかけている仕事は、
自分だけにしかできない思い込みがあり、
どうしても部下に八つ当たりしてしまう

対応をしてしまっていないだろうか。

 

 

部下はどうしたらいいかというと
薬局長の仕事を理解し、できる仕事を協力することに
あるのではないでしょうか?

 

 

どうしても気が合わない上司や薬局長もいることでしょう。
どう接するという論点より、
その薬局長の良いところはさっさと真似て、
薬局長の上を行く仕事をやってみせる努力は自分はするかもしれない。

 

 

社内でアピールできるシステムがあるようなら、
ドンドコ投稿しまくる。
薬局長の見える目も変わってくると思う。

 

 

周囲はあなたをほっておかないから、
八つ当たりしていた上司も分が悪くなるのではないでしょうか?

 

 

薬局の利益になること、社長という1人のお客様を
最大限に喜ばせる仕事ぶりをみせつけまくる!
情熱を持って仕事をしてれば道は開けると思う。

 

 

 

相手を変えようとする気持ちを捨てる

そうそう、相手は変わらない!
変えようと思えば思うほど、

どんどん疎遠になっていくことでしょう。

 

 

変えようとするのではなく、
自分が変わること。
変わって、人の良いところはどんどん盗んで、
そしてとっとと行動する。

 

 

誰よりも早く行動する
出遅れは最大の後退を意味するくらい!
一番乗りが一番いい。

 

 

先に見える景色は最高ですよ。
相手を変える前に、

まず自分が非難言いまくっていないか
客観的にどう思う?

 

 

すぐ自分が行動する!これに尽きる!
相手の良いところはきっちり盗めばいい。
勉強させていただきますという姿勢でいたらいい。

 

 

 

上司が嫌いな人ほど一生懸命働こう

何度もいうがそういうことだね。
情熱をもって、これ以上もう手の打ちようがないってほど
完全燃焼したと言えるくらいの仕事ぶりをすること。

 

 

どんどん学んで行動していこう。
相手の良いところはきちんと勉強させていただくこと。
とっとと、良いところはマネしよう。

 

 

そして相手を称え、褒めるのだ。
結局の所、あなたに魅力はあるか?という話。
もう1年ほどあることがキッカケで薬局長の事を許せない時期が
あったのだが、やがて許す行動にかわってきた。

 

 

自分だって完璧人間じゃないし。
人を許せず、憎しみ合ったままで自分に幸せは訪れないと思ったからだ

 

 

 

まとめ

 

薬局長が嫌いだと思っているみなさんに、
ちょっと考え直しをしてもらいたいと思います。
わだかまりはきちんと話し合ったほうがいい。

 

 

基本的な行動計画としては、
自分がとにかく情熱をもって完全燃焼するほど
仕事をすること。

 

 

以下のポイントで記事を書いてきました!

 

・苦手な先輩・上司とどう接すればいい?

 

・相手を変えようとする気持ちを捨てる

 

・上司が嫌いな人ほど一生懸命働こう

 

 

 

一生懸命頑張って入るが、どうも
響かない薬局は存在するものだ。
信用不安でさえ感じ始めたのなら、
一度無料で転職相談されてみてはいかがでしょう。
私も現在相談中です。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ