薬局薬剤師でいじめなど人間関係でお悩みの方へ

薬剤師って人間関係でいじめなど実際のところあるのかどうか
私の体験談を書いていきたいと思います。
実際のところを言えば悩んでいる人が大半だと思う。

 

私のケースでいうと、

薬剤師さん、事務員さんの人間関係、関係性が
重要になってくると思っています。

 

それで良くなってくるようであれば、

それはあなたがいるべき場所なんでしょうし
いつまでも悩見続けるのであれば、転職サイトさんも実は無料で、
そういう悩みなども、

よ~~っく相談にあるみたいなのでお話を聞くだけでも
あなたの道が開けてくるのかもしれません!

 

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

 

 

・薬剤師の職場っていじめが多い?

 

いじめか~。

そういえば陰湿な感じをうけるな~って感じることはあった
初めて当薬局で働き始めたときの薬局長には
ちょいと腹立つことがあった。

 

あからさまに威圧的な言い方。
出勤するのが本当に苦痛だった。
調剤補助で入っている薬剤師もいた。
その人も完全に嫌われていた。

 

今思い出すだけでも早く別の薬局に移りたいと思った。
何度も思った。

 

いつしか心が通じるときが来るかと信じていたがダメだった。
露骨なイジメではないあもしれないが、
心に傷を負っていたのはたしかだ。

 

 

上司に嫌がらせをされる職場はある?

 

先程の事例でもあがったように、
薬局長クラスではやはり横柄な態度をするものがいた。
そういう人は、

横柄な人を見ることでしか見てきていないので

 

きっとそういう態度になるのだろう。
上司で必要なのは、
一つ下に降りて、人に教えることだと思う。

 

土台がきちんとしていないから、
慕われなくもなるし、基盤が弱いので
すぐに崩れ去るし大怪我を追うほどの痛手を負うことになる。

 

上司に嫌がらせというのは直接なかった気がするが、
教える立場になれてない、怒り慣れていないもんだから
どんどん離職者が出てくる。

 

ちゃんと部下に教えることを着々とやっていればいいものを。
魅力的なリーダーになるのは、心を大事にする人だ。

 

 

人間関係が悪い職場はたまにある

 

ほんと職場によって大きく違う。
応援に行って気が休まる店舗はあるものだ。
喜んでヘルプに行ったりする。

 

息抜きになるといったら失礼か!?
だって居心地がいんだから
そればあちこちに島を作るような店舗は
ほんとダメです。

 

人間関係がほんとに悪い。
応援に行って挨拶したときからもう嫌な感じが伝わってくる
この店舗一人一人すごい劣等感を負っているなと感じる。

 

その劣等感の憂さ晴らしにまた人が犠牲になる。
そうやって離職し、転職活動する人が増えてくるのだ。

・人間関係が悪い職場の解決法はあるのか?

 

 

劇的に店舗を改善した人って
正直みたことがない
良い店舗はもうはじめから良い店舗なのだ。

 

でもなんとなくだが、
やはり薬局長によってその店の雰囲気はすごく変わってくる。
下は上の者をよく愚痴るじゃないですか。

 

上は文句を言われてなんぼのポジション
その上が魅力的な仕事だと思わせるリーダーシップぶりを
発揮してくれないと下で働くものは無気力になる。

 

あ!こういった上司の生き方っていいな!
薬局長に自分もなりたい!と思わせる仕事を魅せてくれないと。

 

 

医療事務からのいじめが辛くて転職したい

 

今の自分がコレにちょっと当てはまるのかもしれない。
じぶんはとくにイジメを受けているわけではない。

 

愚痴の吐かれ場所として、
自分という生身の人間が愚痴や不満を聞く

サンドバッグ状態になっているのだ。

 

やはり自分も気持ちいいものではない。
怒っている当人もダメだと気づいているからやっかいだ。
わかってて、でも自分は黙って聞いてればいいだなんて、
傷ついている自分はイジメをうけているようなものではないのか?

 

 

・なぜ職場で「いじめ」が起こるのか

自分はやっているのになぜあの人はやらないんだろう?という
気持ちがいじめに近い環境を生んでいるような気がする。

 

直接的にいじめ対象者にはけ口をかけるわけではない
面と向かってはなんか丁寧に話したりしているのだが
休憩室に行きいなくなったタイミングを見て
劣化のごとくストレス発散にと不平不満イライラを聞いて聞いてと、
話が盛り上がる。聞いてる自分はもう辛い!!!

 

 

調剤薬局事務との関係が悪いといじめに遭う

 

自分の場合だけにあてはまってるのかわからないが、
事務員と薬剤師が仲がいい薬局は
相当うまくやっている店舗で居心地がいい。

 

この店舗は素晴らしいですよ。
なんでもフォローし合っててさ、気持ちいい!

 

事務員において

はなから劣等感を抱いているものがいる。
これはもう逃れることはできない。

 

考え方を変えなければならない。
そう、劣等感を持っているから早く元気になりますようにという
気持ちで接すること。

 

そういう目でみんながその人をみることで、
じょじょに改善していくのを待つしかないんでしょうね。

 

 

人間関係が発生しない職場へ転職する

 

結局早いのは転職なんですよね
今も自分は無料登録で何件か案内をいただいています。
自分だけ悩むと息苦しくなるので、
そういった内部事情に転職サイトさんは精通しているので、
自身に合った店舗をよりすぐって選別してくれる。

 

意外に意外、結構自分の視野は狭かったな~と思いました。
ほんと山程の求人がありましたから。
人間関係が良いところなんて相談もよくあるみたいです。

 

プロに意見を聞くと道がひらけてきますよ。

・面接後に職場見学を実施し、雰囲気を見るのは必須

やはり現地の見学は必須でしょうね。

 

相手の目線や挨拶や行動の機微などを見て、
嘘偽りないところを自分の肌で感じるべきです。
入社してからでは遅いので。

 

事務員さん、薬剤師さんの関係性など
まじまじと見てくるといいでしょうね。
ちょっと話し合うこともできると
馬が合う合わないってわかりますもんね。

 

 

まとめ

 

以上、薬剤師って人間関係で

いじめなど実際のところあるのかどうか
というテーマで私の体験談など雑にはなりましたが、
書いてきました。

 

ポイントとしては以下に列挙したとおりになっています。

 

・薬剤師の職場っていじめが多い?

 

・上司に嫌がらせをされる職場はある?

 

・人間関係が悪い職場はたまにある

 

・人間関係が悪い職場の解決法はあるのか?

 

・医療事務からのいじめが辛くて転職したい

 

・なぜ職場で「いじめ」が起こるのか

 

・調剤薬局事務との関係が悪いといじめに遭う

 

・人間関係が発生しない職場へ転職する

 

・面接後に職場見学を実施し、雰囲気を見るのは必須

 

私もいろいろ我慢してきました
現状の職場でもそこまで満足に働いているわけではありません。

 

いつも不平不満を垂れ流してくる人には、
ほんとイライラします。

そこをうまく交わす方法も知っておくと楽になるものです。

 

相手の劣等感をしっかり把握し、
憂さ晴らしに合わないよう、

「早く元気になってね」という
気持ちで接する。

 

 

それでもどこかの職場では強烈な劣等感を持って仕事をしている人がいる。
それはもう上司とか上層部に相談して転勤もできなさそうなら
転職サイトさんの意見を聞くのがほんと楽になると思います

 

 

ここらの人間関係の相談は山程うけてきたことでしょうし
ほんと人間関係が良好なあなたにとっての適職がきっとみつかるはずです。

 

私は無料に登録させていただき、今もじっくりと話し合っています
メール相談が主になっていますが(笑)
あなたがこの場所だと思えるところで働き場所が見つかるといいですね。

>> 智蔵の薬剤師転職活動の体験記録まとめ

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

薬剤師転職サイト一覧
私のプロフィール

現役薬剤師40代、二児の父親
智蔵(ともぞう)です。
【出身地】兵庫県尼崎市

【好きな食べ物】
・ネギ
・キャベツ
・キムチ

【ブログの概念】
薬剤師の存在意義に
疑問を持つようになってきた。
そんな人たちに薬剤師という
仕事のすばらしさを伝えたい。

特に、働き盛りの30代に
なって忙しい毎日の中
うっかり中年脂肪がついて
きちゃった人たちへ

薬剤師である以上健康を保つ
ためにも適正体型である
大切さも伝えたい。
糖質制限ダイエットなら
毎日の生活の中で無理なく
続けられるからおすすめ!

糖質制限ダイエットで
10kg痩せたこと、
今も生活の一部になっていること、
ブログではダイエットの
実践記やお役立ち情報も
伝えていきます

ブログランキング参加中です
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ